NPO法人 世界健康フロンティア研究会

News・新着情報

2018.12.13

「第39回世界健康フォーラム2018・京都」は無事終了しました。

11月29日に京都劇場で開催しました「第39回世界健康フォーラム2018・京都」
“食環境でいのち輝く未来を!”-食は人を良くする-はお陰様で、ユネスコ、
日本ユネスコ国内委員会、厚生労働省等の後援を得て、約860名の参加者に
お集まりいただき、無事盛会裏に終えることが出来ました。

予防栄養分野の発展に寄与する取り組みをしている団体・個人に対して褒章する
「世界健康フォーラム“モナリザ賞”」は、八戸学院大学女子ラグビー部の
「女子ラグビー選手(女子アスリート)が過度なトレーニングによって起こす
健康問題に対する大豆食品摂取による予防効果の検証」が受賞されました。
フォーラムの授与式では当法人理事長の家森幸男から助成金と表彰状を授与されました。
また、受賞者成果報告として、昨年に「世界健康フォーラム“第2回モナリザ賞”」を
受賞したヴィアトール学園 洛星中学・高等学校 料理研究部が「京大豆と食育活動」の
タイトルで報告しました。パネルディスカッションでは、宮崎緑様がコーディネーターで、
各専門分野の先生方や料理研究家の大原千鶴様がパネリストとなり、日常生活に
役立つ事例をあげて話し合いました。今年の世界健康フォーラムも、食生活と健康の
重要な関係を、一般の参加者に分かりやすく具体的にお伝えすることができました。
今年も、「世界健康フォーラム」を要約して新聞に掲載し、より多くの方々に、
「健康寿命の延伸」を目的とする啓蒙活動をさせていただきます

 

■当日の配布資料(演者の抄録・昨年のフォーラムの内容、機関誌込)は1部1,000円で購入できます。
ご興味のある方は当法人までお問い合わせください。

2018.12.07

「世界健康フォーラム“第3回モナリザ賞”」受賞決定!!

予防栄養分野の発展に寄与する取り組みをしている団体・個人に対して褒賞する
「世界健康フォーラム“モナリザ賞”」は、八戸学院大学女子ラグビー部の
「女子ラグビー選手(女子アスリート)が過度なトレーニングによって起こす
健康問題に対する大豆食品摂取による予防効果の検証」が
「世界健康フォーラム“第3回モナリザ賞”」として受賞しました。
おめでとうございます。

2018.10.19

「第39回世界健康フォーラム」 参加お申し込みについて

「第39回 世界健康フォーラム2018・京都」に多数のお申し込みをいただき、
ありがとうございます。
お蔭様で、お席が僅かになって参りました。満席になり次第お申し込み受付を
締め切らせて頂きますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みをお願い致します。

2018.10.19

UNESCO(国連教育科学文化機関)から正式に後援をいただきました。

10月2日に、UNESCO(国連教育科学文化機関)から正式に後援の承認をいただきましたので、ご報告いたします。

2018.09.10

「第3回モナリザ賞」募集のお知らせ

本年度のモナリザ賞のご応募を、受付中です。

モナリザ賞は、栄養改善に努めて、健康寿命の延伸につながる
「食育」や「食環境」の改善に寄与する研究や、実践活動に対して表彰と助成(金10万円)をします。

今年は世界健康フォーラムが11月29日に開催するので、締め切りを、10月20日に変更いたしました。
「食」に関する研究や、食育活動をされている企業、団体、個人(高校生、大学生含む)の方々、
奮ってご応募下さい。

※受賞者には後日、24時間採尿を使って栄養改善が出来る実践活動などをご指導させていただきます。

※受賞者には、11月29日(木)に開催する、世界健康フォーラムでの授与式にご参加いただきます。

世界健康フォーラムモナリザ賞 申請書
世界健康フォーラムモナリザ賞募集要項

http://www.whf-i.org/award/#award_pdf

2018.09.06

「第39回世界健康フォーラム」開催について

「第39回世界健康フォーラム2018・京都」を11月29日(木)に京都劇場で開催致します。

今年のテーマは「食環境でいのち輝く未来を!-食は人を良くする-」です。

日 時 : 2018年11月29日(木) 13:00~16:45 (開場12:00)
場 所 : 京都劇場 (京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビル内)
参加費 : 3,500円(団体割引30名以上の場合 1名3,000円)
(お申し込み方法はポスターをご参照下さい。)

特別講演 「森は海の恋人ー食環境は自然との共生からー」
畠山 重篤 氏  NPO法人森は海の恋人 理事長

基調講演 「がんや糖尿病にならない食事」
渡邊 昌 氏   (公社)生命科学振興会 理事長

パネルディスカッションでは、6名のパネリストの皆様をお招きし、
テーマについて様々な方向から話し合っていただきます。

パネルディスカッション  「―食は人を良くする―」

《コーディネーター》
宮崎 緑 氏   千葉商科大学教授

《パネリスト》
渡邊 昌 氏   (公社)生命科学振興会 理事長

飯島 勝矢 氏  東京大学高齢社会総合研究機構 教授

畠山 重篤 氏  NPO法人森は海の恋人 理事長

大原 千鶴 氏  料理研究家

家森 幸男 氏  武庫川女子大学国際健康開発研究所 所長

皆様からのお申し込み、お待ちしております。

ポスターの拡大↓
世界健康フォーラムポスター

2018.02.06

第1回モナリザ賞を受賞した研究で実施した「低ナトカリ比」サラダが2月10日に限定発売

第1回モナリザ賞を受賞した研究「サラダで作る健康な食生活」で実際に食べたサラダを、制作に協力して頂いた、株式会社ロック・フィールド(本社:神戸市)様が展開する惣菜店RF1(アール・エフ・ワン)岡本店で、2月10日(土)限定で発売することになりました。

■商品概要
<商品名>        サーモントラウトとたっぷり野菜のサラダ
<税込価格>      100g 540円
<商品説明>      野菜のカリウムと一緒に塩分量を意識したサラダ。
昆布ときのこの旨味が特徴のたれでお召し上がりいただきます。
バランスの良い食事のために、“ま・ご・わ・や・さ・し・い”素材を使用。
ま(豆):レッドキドニー、黒豆/ご(ごま):ごま/わ(海藻):昆布[たれに使用]/や(野菜):野菜/さ(魚):サーモントラウト/し(きのこ):えのき[たれに使用]/い(芋):じゃがいも
<販売期間>      2018年2月10日(土)
<販売店舗>      RF1岡本店
営業時間:(土日祝日)10:00~20:00(平日)10:00~20:30
住所:神戸市東灘区岡本1-12-11 岡本東館ビル1F
※数に限りがございますので、売り切れの場合はご容赦ください。

■これまでの経緯
昨年、第1回モナリザ賞を受賞した武庫川女子大学附属高等学校スーパーサイエンスコース食育研究グループの生徒が、食生活の乱れにより栄養の偏りがある高校生が増えているという現状に対して、食生活改善研究を実施しました。この研究実施に際し、当NPO法人の会員企業である株式会社ロック・フィールド様が、研究で使用する「低ナトカリ比」*1サラダの制作に協力して頂きました。

■研究成果
2016年度のモナリザ賞*2を受賞した生徒たちは、当NPO法人理事の森真理先生指導の下、高校生の食育研究として開発したサラダを一日の食事に加えることで「ナトリウムカリウム比」が改善することを明らかにしました。この結果は、当研究会が主催する「第38回世界健康フォーラム2017・京都」で成果報告されました。

*1:「低ナトカリ比」とは?
日本人の国民病である高血圧の予防には減塩が大切ですが、ナトリウム(塩)を体外に排泄する作用があるカリウムの摂取も重要です。カリウムは野菜などに豊富に含まれるミネラルで日本人は不足気味。武庫川女子大学国際健康開発研究所の家森幸男所長は、これを「ナトリウムとカリウムの比(略称:ナトカリ比)」で表し、食事摂取におけるこの数値の低減が、高血圧、ひいては脳卒中や心臓病の予防に重要であると説いています。数値が低いことを「低ナトカリ比」と表します。

*2:モナリザ賞について http://www.whf-i.org/award/
当研究会が、「予防を含む健康科学に寄与する人材の育成と調査研究への助成」として「モナリザ賞」≪Moneo Alimentationis Sanae:健康的な食を心がけましょうというラテン語から≫を創設。健康寿命の延伸につながる「食育」や「食環境」の改善に寄与する研究や、実践活動に対して表彰しています。

【この件に関するお問い合わせ先】
NPO世界健康フロンティア事務局
TEL:0798-43-0099     受付時間/10:00~17:00
E-mail:info@whf-i.org

 

 

 

 

 

 

2017.12.11

フォーラム配布資料のお申込みについて

世界健康フォーラム2017・京都では、沢山の参加者にお集まりいただき、
誠にありがとうございました。
また、参加申込みにあたり、早々に会場が満席となり、お申込みのお断りを
させていただきました事をお詫び申し上げます。
当日の配布資料(演者の抄録・昨年のフォーラムの内容・機関誌込)は
1部1,000円でご購入できます。また、過去の配布資料も在庫が僅かでは
ございますが、同じく1部1,000円でご購入ができます。
ご興味のある方は当法人までお問い合わせください。

2017.11.29

「第38回 世界健康フォーラム2017・京都」は無事終了しました。

11月22日に、ロームシアター京都のサウスホールで開催しました、「第38回 世界健康フォーラム2017・京都」
“健康は先取りする時代”-めざそう!ヘルシーエイジング- はお陰様で、ユネスコ、日本ユネスコ国内委員会、
厚生労働省等の後援を得て、会場が満席の700名を超える参加者にお集まりいただき、無事盛会裏に終えることが出来ました。

予防栄養分野の発展に寄与する取り組みをしている団体・個人に対して褒章する「世界健康フォーラム“モナリザ賞”」は、
京都市のヴィアトール学園 洛星中学高等学校 料理研究部の「京大豆と食育活動」が受賞されました。フォーラムの
授与式では前ユネスコ事務局長の松浦晃一郎様から助成金目録と表彰状を授与されました。また、受賞者成果報告として、
「第1回 世界健康フォーラム“モナリザ賞”」を受賞した武庫川女子大学附属高等学校スーパーサイエンスコース食育研究
グループが「サラダでつくる健康的な食生活」のタイトルで報告しました。

パネルディスカッションでは、フリーアナウンサーの草野満代様がコーディネーターで、各専門分野の先生方や作詞家の
阿木燿子様がパネリストとなり、「先制医療」への期待や最新の情報など、様々な例を挙げて話し合いました。

今年の世界健康フォーラムも、食生活と健康の重要な関係を、一般の参加者に分かりやすく具体的にお伝えすることができました。
今年も、「世界健康フォーラム」を要約して読売新聞に掲載し、より多くの方々に、「健康寿命の延伸」を目的とする
啓蒙活動をさせていただきます。

参加申込みにあたり、早々に会場が満席となり、お申込みのお断りをさせていただきました事をお詫び申し上げます。
来年度も開催予定ですので、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

■当日の配布資料(演者の抄録・昨年のフォーラムの内容、機関誌込)は1部1,000円で購入できます。ご興味のある方は
当法人までお問い合わせください。

2017.11.29

「第2回 世界健康フォーラム“モナリザ賞”」受賞決定!

昨年設立いたしました、予防栄養分野の発展に寄与する取り組みをしている
団体・個人に対して褒章する「世界健康フォーラム“モナリザ賞”」は、京都市の
ヴィアトール学園 洛星中学高等学校 料理研究部の「京大豆と食育活動」が
「第2回 世界健康フォーラム“モナリザ賞”」として受賞しました。おめでとうございます。